■カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■プロフィール

くま

Author:くま
マンガを描いたり描かなかったりしている。
カラーイラスト勉強中

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
久しぶりに漫画描く


すごく久しぶりにマンガ描いてました。大体1年半ぶりくらい・・・?

つけペンで線を引くのが久しぶりすぎたんですが、やっぱりデジタルで描くのとアナログで描くのは感覚が違うなぁ、と。
シャっ、シャってGペンで線を引くときの音とか、ペン先と紙の擦れる感じとか
なんかまさに描いてる!って感じがして久しぶりにも拘らず楽しく描けました。

ベテラン作家さんの中にはいまだにアナログで描いてる方が大勢いますけど、
多分そういうペン先が体の一部みたいになってる人たちは
こういう実際に描くって行為が純粋に好きなんだろうなぁ~、
なんてことをなんとなく思いました。

あと一度デジタルを経験してアナログに戻るとわかるけど、
無意識にctrl+z(やり直し)を押しそうになります。
現実にはやり直し機能なんて無えから!って思いながらも
最初の内は何回もキーボードに手が伸びそうに・・・。
慣れって怖いなーと思いつつも、やっぱりやり直し出来るデジタルってすごい。


そんな感じでペン入れ、ベタ入れまでは楽しく作業できたのですが・・・
問題はトーン作業。


RIMG0747-1.jpg


トーン処理をした原稿・・・
久しぶりにアナログトーン作業をやって改めて思ったけども・・・
本当にこの作業が全身全霊で心の底から叫びたくなるほどにめんどくさい!!!
ペン入れの楽しさとは真逆の苦しみ・・・これは一体なんの精神的苦行なのかと・・・。

マンガ製作においていわゆる仕上げと呼ばれる工程ですが
自分にとっては一番時間がかかる作業で、この段階で30回くらい心が折れそうになります。
形になっていく楽しみが・・・!とか一気に漫画っぽくなって楽しい!とかよりも、
髪の毛とかをちまちまカッターで切り張りする時のストレスがマッハでハゲそうになるので、
この工程だけデジタル化して何とか楽しく出来ないものかと画策中・・・。
果たしてメモリ2GのポンコツPCでデジタル作業に耐えられるかどうか・・・。   

スポンサーサイト


未分類 | 01:00:48 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。